院長ブログ

[] 各年代で何本歯が残っているか?

下のグラフは平成28年歯科疾患実態調査の結果(最新)になります。

これを見ると40代から歯を失う人が増え始め60台から歯を失う速度が増します。

いったん加速度が増してしまうとその喪失を止めるのは難しくなる場合もあり、覆水盆に返らず。。。と涙を飲む人も多くいます。

そうならないためにもぜひ定期健診に通い自分の歯のチェックを受け長持ちさせましょう!

地図

PAGE TOP