院長ブログ

[] オススメの歯磨き粉(歯磨剤)

むし歯予防にフッ化物は欠かせず市販の歯磨き粉の9割以上にフッ化物が有効成分として入れられています。

今まで市販の歯磨き粉は最高フッ化物濃度が1000ppm以下(0.1%以下)と決められていました。

しかし、厚労省の通達によりその濃度が1500ppm以下(0.15%以下)に変更になりより多くのフッ化物が

歯磨き粉に含有できるように緩和されました。

今まで欧米では1500ppmという基準が当たり前でようやく日本もその世界基準に追いついたという形です。

この濃度の変更でう蝕の予防効果がおおよそ6%アップするというデータもあり確実なう蝕予防になるかと

思われます。

小学生以上のお子さんにはぜひ新しい高濃度フッ化物配合の歯磨剤をオススメします。

夏頃から各社販売するようです。

 

 

地図

PAGE TOP